fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.7 Africa Unite - ボブ・マーリー

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite
KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

何かと不安の多い、不穏な時代が訪れる予感が渦巻いている。気候変動、民主主義の危機、資本主義による息苦しさ、どんどん長くなる人生、どんどん肥大化する夢。私たちは大きな問題に直面しているようだ。そんな時に音楽はどんな意味が持てるのだろうか。振り返ってみれば、僕もたくさん不安と対峙してきた。その度にいろんな曲が僕を前に向かせてくれた。年の終わりにそんな曲を今回は紹介したい。

まずはBob Marleyだ。Bobの声はいつだって愛に満ちている。怒りから溢れでた曲を歌っているときにも声には愛が満ち満ちて、にじみでている。中学生の頃、「No woman, no cry」の最後のほうの「Everything’s gonna be alright」というフレーズには本当に何度も救われた。そう、みんなうまくいく、大丈夫。今日はこの曲じゃなくて、意思が立っているかのようにまっすぐ直立し、右手を掲げ、緩やかに揺れながら、現状への怒りと未来への希望と人々への愛がまじりあった魂をぶつけてくる。テレビでライブ映像を見たときに本当に心を動かされたこの曲を。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/3enINx9

さて、僕には今でも夢はあるのか?人間を人間たらしめているのは、遊ぶことと夢を見ることだと思っている。

たとえでっちあげたような夢も
口から出まかせでもいい
現実に変えていく
僕らはそんな形

この歌の言葉は僕を強く夢に向かわせてくれる、はったりでもいいので何かを思いついたらそれをやってみる、それを現実に変えていき続けたい。そこに特に理由はいらない。あえて言えば、僕が生きているからだ。

「バーム・クーヘン」The HIGH-LOWS

新しい何かがやってきそうだ。実は不安はそこから生まれるのかもしれない。新しいものがやってくるのを面白いと思うか、怖いと思ってしまうのかをわけるのは何だろうか。それに対しての明快な答えを持ち合わせていないが、この曲は断然、新しいものは面白いと思わせてくれる。なにかが起きる、それはきっと素晴らしい。

「Lonely Woman」オーネット・コールマン

このスライの曲を聞くと、みんな一人一人の笑顔を願わずにはおれない。自分でない他の人が笑顔になることで自分も笑顔になれる、このひたすらGが続く、ものすごくシンプルな曲は本当に心強い。この後、Slyは決して幸せな人生を送ったわけではないが、この曲はずっと聞いた人を幸せにし続けている。しかし、1コードで、これだけ豊かなメロディの曲をつくってしまうSlyは本当に天才としかいいようがない。

「Everyday People」スライ&ザ・ファミリー・ストーン

最後に僕の曲を。いろんな不安な時代だけど、僕らは大丈夫。そんな気持ちになってもらえたらうれしい。おこがましいけど。

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Jody  作詞作曲:金子茶琳

Jody, something wrong is coming
Jody, something strong is coming
Jody, something long is coming
Jody, are we alright?

Jody, something like priest is coming
Jody, something like thief is coming
Jody, something swift is coming
Jody, are we alright?

We are people in power, and we can go them forward
Yes we can include them in light
Jody, everything gonna be alright

Jody, something unclear is coming
Jody, something like tear is coming
Jody, something from rear is coming
Jody, are we alright?

Jody, something like trend is coming
Jody, something like friend is coming
Jody, something like end is coming
Jody, are we alright?

We are people in power, and we can go them forward
Yes we can include them in light
Jody, everything gonna be alright

こちらもオススメ

Piano Man - ビリー・ジョエル

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.22  Piano Man - ビリー・ジョエル

 ビリー・ジョエルの1990年のニューヨーク・ヤンキー・スタジアムでのライブ映像(LIVE AT YANKEE STADIUM)を映画館で見た。最高。録音音源もいいけど、ライブがいい。ビリーは根っからのエンターテイナーだ。とにかく、来てくれた人を愉しませたい。バンド全体がそんな感じ。もちろん、曲がいい。ヒット曲のオンパレードなので悪いわけがない。もう何十度目かのビリーのマイ・ブームがやってきたので、今回はビリーの曲を紹介したいと思う。まずは、僕が中学生の頃、兄貴の部屋から借りてきたこのアルバムから。  こ ...

音楽好きのつぶやきVol.17 Stan Getz - Move

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.17 Move - スタン・ゲッツ

 本当に久しぶりにブルーノート東京を訪れた。Michel Camiloのソロ。Jazz聞くようになったばかりの頃、彼の“Michel Camilo”を聞いて、その気持ちいいくらいのテクニックに驚愕して以来、彼のピアノは大好きだ。コロナ明けの2年ぶりくらいのブルーノートで聞くアーティストが彼で本当によかった。全身すべてが音楽でできているような人で、弾いている間もずっと笑っていて、曲の最後には必ず「どうだ!」とばかりに立ち上がる。聞いているほうとしては「参りました!」としか言いようがない。自分で弾いているわけ ...

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

 春だ!と思って書き始めたのですが、忙しさにかまけて書きあがる前に梅雨に。。。ちょっと季節外れになっちゃったけど、駆け込みで、春に聞きたくなる音楽を紹介してみたいと思います! まずは音が鳴った瞬間にここでないどこかへ連れて行ってくれるこの人たちの曲から。  いやホントに一音目から、パリの屋外のカフェに連れていかれる感じがするのです。ステファン・グラッペリのヴァイオリンはもちろん秋に聞いてもいいものですが、やっぱり春のそよ風を屋外で感じている感じがします。ステファンの演奏を何曲か。  ミシェルのピアノにも僕 ...

音楽好きのつぶやきVol.19  Joe Cuba - Bang Bang

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.19  Bang Bang - ジョー・キューバ

暑い!いや、熱い!基本、自転車移動なので、この時期は基本、高校球児かというくらい日焼けしているのだが、先日、昼間に自転車で移動した時、あまりの暑さに脳みそがとけそうになった。。。息を吸えど、吸えど、空気が入ってこない感じ。で、こんな時はもう涼しげな音楽を聞いてもダメだと思い、脳みそが溶ける音楽を頭に浮かべつづけたのです。今回はその時に思い浮かんだ曲を紹介します。 まずはこのバックビートに打たれるたびに、体中のねじがちょっとずつ緩んでいくような、まさに脳みそを溶かすこの曲から。  しかし、Don Drumm ...

音楽好きのつぶやきVol.2 喜納昌吉&チャンプルーズ - すべての人の心に花を

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.2 すべての人の心に花を - 喜納昌吉&チャンプルーズ

大学生の頃、一人で沖縄を旅したことがある。小浜島という小さな島に2週間くらい滞在した。大きなリゾートホテルがある島なのだが、まあ、大学生男子の一人旅で泊まるわけもなく、小さな民宿に泊まっていた。1日目の晩ごはんを食べ終わると、宿の若い主人が「もう少し食堂にいられる?」とニコニコ顔で言ってきた。まあすることもないのでぼーっとしていると、次から次へと右手に三線、左手に泡盛を持ったおっちゃん、おばちゃんが集まってくる。始まったのは、そう、いつ終わるともしれぬ呑めよ、歌えよだ。なれない泡盛のせいなのか、音楽のせい ...

音楽好きのつぶやきVol.9 Thelonious Monk - Jackie-ing

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.9 Jackie-ing - セロニアス・モンク

Thelonious Monkの前にも後にもThelonious Monkの音は鳴らない。彼の音楽はJazzだとかBe-bopだとかではなくThelonious Monkだ。 たいていの巨人はたくさんのフォロワーを生み出す。だが、どことも陸続きでない、離れ小島のような巨人もいる。その音楽はものすごく多くの人を、そして、ミュージシャンを虜にするのに、それに続く人がいない。というか、続く方法がわからない、もしくは、続けることに意味が見いだせない、そんな感じなのだろうか。 Thelonious Monkはまさに ...

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-