fbpx

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite
KANEKO Chalin
My Favorite CD

何かと不安の多い、不穏な時代が訪れる予感が渦巻いている。気候変動、民主主義の危機、資本主義による息苦しさ、どんどん長くなる人生、どんどん肥大化する夢。私たちは大きな問題に直面しているようだ。そんな時に音楽はどんな意味が持てるのだろうか。振り返ってみれば、僕もたくさん不安と対峙してきた。その度にいろんな曲が僕を前に向かせてくれた。年の終わりにそんな曲を今回は紹介したい。

まずはBob Marleyだ。Bobの声はいつだって愛に満ちている。怒りから溢れでた曲を歌っているときにも声には愛が満ち満ちて、にじみでている。中学生の頃、「No woman, no cry」の最後のほうの「Everything’s gonna be alright」というフレーズには本当に何度も救われた。そう、みんなうまくいく、大丈夫。今日はこの曲じゃなくて、意思が立っているかのようにまっすぐ直立し、右手を掲げ、緩やかに揺れながら、現状への怒りと未来への希望と人々への愛がまじりあった魂をぶつけてくる。テレビでライブ映像を見たときに本当に心を動かされたこの曲を。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/3enINx9

さて、僕には今でも夢はあるのか?人間を人間たらしめているのは、遊ぶことと夢を見ることだと思っている。

たとえでっちあげたような夢も
口から出まかせでもいい
現実に変えていく
僕らはそんな形

この歌の言葉は僕を強く夢に向かわせてくれる、はったりでもいいので何かを思いついたらそれをやってみる、それを現実に変えていき続けたい。そこに特に理由はいらない。あえて言えば、僕が生きているからだ。

「バーム・クーヘン」The HIGH-LOWS

新しい何かがやってきそうだ。実は不安はそこから生まれるのかもしれない。新しいものがやってくるのを面白いと思うか、怖いと思ってしまうのかをわけるのは何だろうか。それに対しての明快な答えを持ち合わせていないが、この曲は断然、新しいものは面白いと思わせてくれる。なにかが起きる、それはきっと素晴らしい。

「Lonely Woman」Ornette Coleman

このスライの曲を聞くと、みんな一人一人の笑顔を願わずにはおれない。自分でない他の人が笑顔になることで自分も笑顔になれる、このひたすらGが続く、ものすごくシンプルな曲は本当に心強い。この後、Slyは決して幸せな人生を送ったわけではないが、この曲はずっと聞いた人を幸せにし続けている。しかし、1コードで、これだけ豊かなメロディの曲をつくってしまうSlyは本当に天才としかいいようがない。

「Everyday People」Sly and the family stone

最後に僕の曲を。いろんな不安な時代だけど、僕らは大丈夫。そんな気持ちになってもらえたらうれしい。おこがましいけど。

KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Jody  作詞作曲:金子茶琳

Jody, something wrong is coming
Jody, something strong is coming
Jody, something long is coming
Jody, are we alright?

Jody, something like priest is coming
Jody, something like thief is coming
Jody, something swift is coming
Jody, are we alright?

We are people in power, and we can go them forward
Yes we can include them in light
Jody, everything gonna be alright

Jody, something unclear is coming
Jody, something like tear is coming
Jody, something from rear is coming
Jody, are we alright?

Jody, something like trend is coming
Jody, something like friend is coming
Jody, something like end is coming
Jody, are we alright?

We are people in power, and we can go them forward
Yes we can include them in light
Jody, everything gonna be alright

こちらもオススメ

Paul Simon - Everything bout it is a love song

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.4 Paul Simon - Everything about it is a love song

私が好きな生きているミュージシャンは殆ど60歳以上だ。(殆どはこの世にいない。)若くにして亡くなったミュージシャンは若いままでかっこいいが、年を取ったミュージシャンはほぼみんなダンディになる。数年前、Bob Dylanのライブハウスツアーのコンサートに行った。ギターは一度も弾かず、マイクを持って、時々あまりうまいとは言えないキーボードを弾きながら歌っていたのにもびっくりしたが、もっとびっくりしたのは、新作だった「Tempest」からの曲がメインで、いわゆるよく知られた曲は殆どやらなかったこと。「俺の新作を ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.3 THE BLUE HEARTS - 旅人

導火線に火がついたのはいつだったろうか中学生の頃か生まれる前か爆発寸前の火薬のようなレコードが好きだった 僕の最初のヒーローはブルース・スプリングスティーンだった。バンダナを巻いたアメリカ人が顔も飛び出さんばかりに「俺はアメリカに生まれた」と叫んでいる。ロックンロールの洗礼だ。何に対しても夢中になれない、ただぼんやりと暇をつぶすように生きていた中坊の導火線に火がついたどころか、爆発した瞬間だ。それ以来、僕の人生は音楽と、ロック・アンド・ロールと、合体した。その後に聞いたボス(ブルース・スプリングスティーン ...

-音楽好きのつぶやき
-,