fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.9 Jackie-ing - セロニアス・モンク

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

Thelonious Monkの前にも後にもThelonious Monkの音は鳴らない。彼の音楽はJazzだとかBe-bopだとかではなくThelonious Monkだ。

たいていの巨人はたくさんのフォロワーを生み出す。だが、どことも陸続きでない、離れ小島のような巨人もいる。その音楽はものすごく多くの人を、そして、ミュージシャンを虜にするのに、それに続く人がいない。というか、続く方法がわからない、もしくは、続けることに意味が見いだせない、そんな感じなのだろうか。

Thelonious Monkはまさにそんな巨人の一人だと思う。一つ一つの音は粒だっているけど、それが空間のどこに配置されていくのか、全く予想がつかない。僕のMonkとの出会いだった「Monk in Italy」の1曲目のこの曲を。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/3AqLl7O

なんで急にThelonious Monkなのかというと、先日「Monk in Europe」という映画を見たからだ。映画の中のライブのリハーサルで、実力派ぞろいのホーンの演奏者たちが曲の構造がわからず戸惑っているのをCharlie Rouseが一生懸命教えているのをMonkはピアノの椅子に座って無表情に見ているがものすごくMonkぽっくて面白かった。

さて、続いてもJazzから。こちらはミステリアスというより、「素」過ぎて誰にも真似できない巨人を。彼の音楽には何のけれんみもない。舞台の上で演奏されているのではなく、車の助手席で歌っているように歌い、川辺でくつろいでるときに遠くから聞こえてくる練習のような感じでトランペットを吹く。僕にはそんな風に聞こえる。でも誰も彼のようには吹けないし、歌えない。人生は無茶苦茶だったけど、音楽は本当に普通でクールなChet Bakerの曲を。

「Yardbird Suite」Stan Getz& Chet Baker Quartet

本家のCharlie ParkerとDizzy Gillespieの演奏と聞き比べてみると、その違いがよくわかって面白い。

もう一人、とてつもなくナチュラルで誰にも真似できないこの人の歌を。

「Oração Ao Tempo」マリア・ベターニア

Billie Holidayは個性的なだから「モノマネ」しやすいけど、Ella Jane Fitzgeraldは普通で自然体だから「モノマネ」しづらいと聞いたことがある。Mariaもそんな歌い手だと思う。本当に簡単そうに普通に歌う。だからこそ気持ちいいんだけど。 

次は偉大なこのバンド、The Bandの曲を。「いやいや、アメリカーナとかサザンロックとかフォロワーたくさんいるのでは?」と突っ込んでいる人もいるかもしれないが、僕が話したいのはGarth Hudsonだ。彼がロックバンドにいるのは奇跡だ。The Bandは十分に優れたロックンロールバンドだけど、Garth Hudsonがオルガンを弾くからこそ特別なロックロールバンドに変身する。Garthのオルガンは曲の前面に出てくることはあまりないけど、ミキサーの底で回っている歯のように、曲の底の方から曲をグルングルンかきまわして、シンプルな曲を混乱へと昇華させる。Butterfieldのトレインとしか言いようのないハーモニカもいいし、Levon Helmのボーカルも素晴らしいけれど、暴れまわるGarthがききもののこの曲を。 

「Mystery Train」The Band with Paul Butterfield

もう1曲、フォロワーがいないというようより、自分自身の音楽がつながっていないように感じるこの人の曲を。ジギー・スターダストからソウルへそしてベルリンからロックアイコンへ。わざととか、額に汗して変化するのでなく、まるで昆虫の変態のように変化していく。純粋に変化しているだけで別に向上しているわけでもない。まさに”Change”だ。

「Changes」デヴィッド・ボウイ

さて、最後にいつもの通り僕の曲を。僕は別に巨人でもないし、もちろん、フォロワーもいないので、今回書いた内容に合う曲というのも難しいのだが、昨年末にかいた曲を紹介します。いつもの通りフォーク調の曲だったのだが、BandLabにあげたら、何人かがどんどん音を足してくれて、最終的にちょっとミステリアスな曲になったのでこの曲を。しかし、この重めの歌詞にDoo-wop調のバックコーラスは想定外だったなあ。 

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

365 days will have passed in tomorrow  作詞作曲:金子茶琳

365 days will have passed in tomorrow
Sometimes fast, sometimes slow
Like a river from the mountain to the sea, each day just flow
Sometimes fun, sometimes sorrow

A lot of drama was written and many times I enjoyed
Sometimes laughed, sometimes cried
I drank a lot of beer to take home, at last got to drink freshly poured
Sometimes happy, sometimes bitter

New babies were born, and some passed away
New love started and lost on the way
New songs were born, and the old still stay
There are not enough love songs to play
I just wanna be with you in New Year's Day

A lot of hard rain had come again and again and again
Some lives passed, left lives in pain
My old daddy was in hospital, but I could never see
Some lives saved, someday we'll meet

That day all watched TV that The Capitol was attacked and burned
Some crimes punished, some crime put under
A celebration of peace will be hosted in the land of genocide
Too many killers, too many lies,

New babies were born, and some passed away
New love started and lost on the way
New songs were born, and the old still stay
There are not enough love songs to play
I just will be with you in New Year's Day

365 days will have passed in tomorrow
Sometimes fast, sometimes slow
Like a river from the mountain to the sea, each day just flow
Sometimes fun, sometimes sorrow

こちらもオススメ

Paul Simon - Everything bout it is a love song

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.4 Everything about it is a love song - ポール・サイモン

私が好きな生きているミュージシャンは殆ど60歳以上だ。(殆どはこの世にいない。)若くにして亡くなったミュージシャンは若いままでかっこいいが、年を取ったミュージシャンはほぼみんなダンディになる。数年前、Bob Dylanのライブハウスツアーのコンサートに行った。ギターは一度も弾かず、マイクを持って、時々あまりうまいとは言えないキーボードを弾きながら歌っていたのにもびっくりしたが、もっとびっくりしたのは、新作だった「Tempest」からの曲がメインで、いわゆるよく知られた曲は殆どやらなかったこと。「俺の新作を ...

音楽好きのつぶやきVol.14 Bruce Springsteen - Born in the USA

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.14 Born in the USA - ブルース・スプリングスティーン

 ウクライナから逃れた子どもがお父さんはウクライナに残ったと言っているインタビューを見た。数週間前までテニスのトッププレイヤーだった人が今は戦っている。僕が普段曲をアップしているBandlabにもウクライナのミュージシャンがいる。ものすごくクールなロックをアップする若者だ。彼が先日Bandlabに兵服の写真をあげた。その後も曲をアップしているから無事なのだとは思う。ちょっと前まで曲を書いてアップしていたのに、彼は今、戦わなければいけないのだ。自分が明日、兵士になるなんてこと、想像もできない。僕が兵士になれ ...

音楽好きのつぶやきVol.24  OBI - トゥーツ・シールマンス

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.24  OBI - トゥーツ・シールマンス

 桜だなあ、新緑だなあ、紫陽花だなあと思っていたら、気がついたら、何時からでもビールを飲まざる得ないそんな気温に包まれるようになってしまいました。暑いのは大好きなのですが、年を追うごとにしんどさが増して、でも、エアコンに浸っているとそれはそれで体調が崩すという悪循環に陥りそうなので、ビールを扇風機とこの音楽で我慢しようかと思います。まずは、どうしてか、この最初のテーマを聞いた瞬間から、背筋がピンと伸びて、暑さを忘れてしまうんですよね。なんでだろう。  アルバム全体を通して、シャキッとします。このアルバムハ ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 Sunny Afternoon - キンクス

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

 春だ!と思って書き始めたのですが、忙しさにかまけて書きあがる前に梅雨に。。。ちょっと季節外れになっちゃったけど、駆け込みで、春に聞きたくなる音楽を紹介してみたいと思います! まずは音が鳴った瞬間にここでないどこかへ連れて行ってくれるこの人たちの曲から。  いやホントに一音目から、パリの屋外のカフェに連れていかれる感じがするのです。ステファン・グラッペリのヴァイオリンはもちろん秋に聞いてもいいものですが、やっぱり春のそよ風を屋外で感じている感じがします。ステファンの演奏を何曲か。  ミシェルのピアノにも僕 ...

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.7 Africa Unite - ボブ・マーリー

何かと不安の多い、不穏な時代が訪れる予感が渦巻いている。気候変動、民主主義の危機、資本主義による息苦しさ、どんどん長くなる人生、どんどん肥大化する夢。私たちは大きな問題に直面しているようだ。そんな時に音楽はどんな意味が持てるのだろうか。振り返ってみれば、僕もたくさん不安と対峙してきた。その度にいろんな曲が僕を前に向かせてくれた。年の終わりにそんな曲を今回は紹介したい。 まずはBob Marleyだ。Bobの声はいつだって愛に満ちている。怒りから溢れでた曲を歌っているときにも声には愛が満ち満ちて、にじみでて ...

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-,