fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.16 MADAN - サリフ・ケイタ

音楽好きのつぶやきVol.16 Salif Keita - MADAN
KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

 今回は声に注目して曲を選曲したいと思う。ジャズも大好きなので声が入ってない音楽もよく聞くけれど、やっぱり「歌」が大好きだ。ジャズの中でも一番好きなのはトランペットなんだけど、それはやっぱり一番、人の声に近いからかなあと思う。声に注目してと言いながら、最初はまるで歌っているようなClifford Brownのトランペットから。

「Once In A While」Art Blakey Quintet

 さて次からは人間の本当の声に注目します。この人のどこまで高く突き抜けていく声はやっぱり格別だ。歌を聞いていると、まるで彼の声の翼に乗って空高く舞い上がる。病気になってかつての輝きはなくなってしまったかもしれないが、それはそれで美しい歌を今でも聞かせてくれるのはうれしい。

「Oh Sherrie」スティーヴ・ペリー

次もロックからDon Henleyを。この人の声にはあまり感情を感じない。初期のEaglesの曲は基本的にカリフォルニアの青い空を感じさせる曲が多いが、Donが歌う歌は少し感じが違う。青い海と青い空の裏側にある砂漠の暗い夜をどこか感じさせる。音楽、特にロックはほとぼしる感情の発露ともいえるので、彼の感情を感じさせない歌声は異質な気がする。こんな感じを受けるのは僕だけかもしれないが。その心が大げさに表に現れてきていない彼の声がものすごくよくマッチしている大好きなこの歌を。

「Last Resort」イーグルス

 次はイングランドから。この人も歌うために生まれてきたような人だと思う。どこかアイルランドを感じさせる。僕が好きな典型的な声だ。アコースティックな音が基本なんだけど、打ち込みなどうまく使っていて、古いけど古いだけじゃない感じもある。あまり日本では聞かれないけど、何度聞いてもいい声だ!

「The One I Love」デヴィッド・グレイ

 次はブルーズから。B.B. Kingも素晴らしいけど、彼の場合は歌い方の部分が大きい気がする。僕が声が好きなのはRobert Johnsonだ。ギターの素晴らしさはよく言われるけど、僕は声がたまらく好きだ。中学生だった僕にとっては恐る恐る聞く音楽で、夜に一人では聞きたくない声だった。悪魔をひきつれたRobert Johnsonが窓から顔を出しそうだ。

「Come On In My Kitchen」ロバート・ジョンソン

 最後にもう一人、とんでもない声を。ドキュメンタリーを見ていたら、大声を張り上げて、畑から猿を追い払っていたとのこと。実際に映像でやってみせるのだが、地の底から湧き出て、平原を突き抜けるすんごい声だった。誰かと言えば、Salif Keitaです。この平原を駆け巡るグルーブにのったSalifの声は問答無用だ。何も考える必要はない。ただ身を委ねればよい。

「MADAN」サリフ・ケイタ

 さて最後はいつも通り私の歌を。僕の声はちょっとユニークかもしれないが、特にいい声ではないのですが、僕がつくった歌をロンドンにいるThePeckham Poetが歌ってくれたこの歌を。彼の声は力強くてとってもよいです。

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

The place I’ll reach is my goal ThePeckham Poet

一応、私の歌でもどうぞ。

The place I’ll reach is my goal  作詞作曲:金子茶琳

Butterfly, Butterfly
Do you know where you wanna go
Oh Lord, I am blind, but you can show the road

Blowin’ wind, Blowin’ wind
Do you know where you wanna go
Oh Lord, I am blind, but you can show the road

I am always lost, but with trust I go
Oh Lord, the place I’ll reach is my goal

Little girl, little boy
Do you know where you wanna go
Oh Lord, I am blind, but you can show the road

辿り着く場所が私のゴール

蝶よ 蝶よ
どこに行きたいかわかっているのか
主よ 私は盲目ですが あなたは道を示すことができる

吹く風よ 吹く風よ
どこに行きたいかわかっているのか
主よ 私は盲目ですが あなたは道を示すことができる

いつも迷うが信じて行く
主よ たどり着く場所が私のゴールです。

少女よ 少年よ
どこに行きたいかわかっているのか
主よ 私は盲目ですが あなたは道を示すことができる

こちらもオススメ

音楽好きのつぶやきVol.9 Thelonious Monk - Jackie-ing

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.9 Jackie-ing - セロニアス・モンク

Thelonious Monkの前にも後にもThelonious Monkの音は鳴らない。彼の音楽はJazzだとかBe-bopだとかではなくThelonious Monkだ。 たいていの巨人はたくさんのフォロワーを生み出す。だが、どことも陸続きでない、離れ小島のような巨人もいる。その音楽はものすごく多くの人を、そして、ミュージシャンを虜にするのに、それに続く人がいない。というか、続く方法がわからない、もしくは、続けることに意味が見いだせない、そんな感じなのだろうか。 Thelonious Monkはまさに ...

音楽好きのつぶやきVol.2 喜納昌吉&チャンプルーズ - すべての人の心に花を

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.2 すべての人の心に花を - 喜納昌吉&チャンプルーズ

大学生の頃、一人で沖縄を旅したことがある。小浜島という小さな島に2週間くらい滞在した。大きなリゾートホテルがある島なのだが、まあ、大学生男子の一人旅で泊まるわけもなく、小さな民宿に泊まっていた。1日目の晩ごはんを食べ終わると、宿の若い主人が「もう少し食堂にいられる?」とニコニコ顔で言ってきた。まあすることもないのでぼーっとしていると、次から次へと右手に三線、左手に泡盛を持ったおっちゃん、おばちゃんが集まってくる。始まったのは、そう、いつ終わるともしれぬ呑めよ、歌えよだ。なれない泡盛のせいなのか、音楽のせい ...

音楽好きのつぶやきVol.19  Joe Cuba - Bang Bang

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.19  Bang Bang - ジョー・キューバ

暑い!いや、熱い!基本、自転車移動なので、この時期は基本、高校球児かというくらい日焼けしているのだが、先日、昼間に自転車で移動した時、あまりの暑さに脳みそがとけそうになった。。。息を吸えど、吸えど、空気が入ってこない感じ。で、こんな時はもう涼しげな音楽を聞いてもダメだと思い、脳みそが溶ける音楽を頭に浮かべつづけたのです。今回はその時に思い浮かんだ曲を紹介します。 まずはこのバックビートに打たれるたびに、体中のねじがちょっとずつ緩んでいくような、まさに脳みそを溶かすこの曲から。  しかし、Don Drumm ...

Paul Simon - Everything bout it is a love song

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.4 Everything about it is a love song - ポール・サイモン

私が好きな生きているミュージシャンは殆ど60歳以上だ。(殆どはこの世にいない。)若くにして亡くなったミュージシャンは若いままでかっこいいが、年を取ったミュージシャンはほぼみんなダンディになる。数年前、Bob Dylanのライブハウスツアーのコンサートに行った。ギターは一度も弾かず、マイクを持って、時々あまりうまいとは言えないキーボードを弾きながら歌っていたのにもびっくりしたが、もっとびっくりしたのは、新作だった「Tempest」からの曲がメインで、いわゆるよく知られた曲は殆どやらなかったこと。「俺の新作を ...

The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.5 Fun, Fun, Fun - ザ・ビーチ・ボーイズ

何も考えなくてもいい映画を見るのが好きだ。休日とか仕事を終えた夜とか。もちろん、コメディ映画で笑うのもいいが、アクション映画で興奮するのもよい。007は大好物だ。特に今のボンドのダニエル・クレイグさんのボンドは大好きだ。動きについていくのがやっとなくらいキッレキレで、頭の中が空っぽになっていく。ストーリーは心地よいくらいの複雑さ。 音楽にも同じような感覚がある。ロックンロールは3分以内と言ったのが誰だか知らないが、激しく同意する。というわけで、複雑なアートになっていっていたロックンロールの救世主だったこの ...

音楽好きのつぶやきVol.17 Stan Getz - Move

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.17 Move - スタン・ゲッツ

 本当に久しぶりにブルーノート東京を訪れた。Michel Camiloのソロ。Jazz聞くようになったばかりの頃、彼の“Michel Camilo”を聞いて、その気持ちいいくらいのテクニックに驚愕して以来、彼のピアノは大好きだ。コロナ明けの2年ぶりくらいのブルーノートで聞くアーティストが彼で本当によかった。全身すべてが音楽でできているような人で、弾いている間もずっと笑っていて、曲の最後には必ず「どうだ!」とばかりに立ち上がる。聞いているほうとしては「参りました!」としか言いようがない。自分で弾いているわけ ...

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-,