fbpx

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.12 Sam Cooke - Change Is Gonna Come

KANEKO Chalin
My Favorite CD

 人間はなぜこんなにも愚かなことをするのだろうか。僕ら一人一人には戦争を止める力なんてない。逃げ惑う老婆を、うずくまる子ども達に覆いかぶさる親を助けてあげることはできない。モニターに映し出される映像をみて憤りと悲しみを感じ、自分の無力さを呪う。   

 音楽には何ができるだろうか。

 戦争が起こる度に、人々が虐げられるたびに歌われるプロテストソングがある。今回はそんな歌を紹介したい。

 プロテストソングの前にウクライナの偉大なピアニストが人種差別を禁止する法律が可決される一方、ベトナム戦争が起こされようとしている1965年にコンサートに復帰したときのこの曲を。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/3pqgGDv

 軽いポップソングを歌うポップシンガーだと思われていたSam CookeがBob Dylanの“Blowin in the wind”にインスパイアされて書いたと言われる名曲。Samはこの曲を発表してすぐに殺されてしまった。もっともっとこんな感動的な曲をかいてくれただろうと思うが本当に残念だ。Sam Cookeがただのポップシンガーではなかったことは「あの夜、マイアミで」という映画を見るとよくわかります。映画としても面白いので、ぜひ見てみてください。

「A Change Is Gonna Come」Sam Cooke

 今回は変な文章を書くよりもたくさん曲を紹介したいと思います。何曲か続けて。

「Say It Loud – I’m Black And I’m Proud」James Brown

「The Way It Is」Bruce Hornsby and The Range

「War」Bob Marley and The Wailers

「What's Going On」Marvin Gaye

「With God On Our Side」The Neville Brothers

「Ohio」Crosby, Stills, Nash & Young

 ネットを探せば歌詞は見つかると思うので、ぜひ歌詞も読んでみてください。 
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング「Ohio」はNeilが報道に衝撃を受けて曲をかいてから数週間で発売されたと言われている曲です。Neilはどうしてもその瞬間にこの曲を届けたかったのでしょう。 

 最後に2曲。プロテストソングの代表的な曲を。一つはアメリカ政府が歌うのをやめさせようするくらい人の心を揺さぶるBillie Holidayの曲、もう1曲はベトナム戦争の兵士への慰問でLouis Armstrongが歌った希望の曲を。

「Strange Fruit」Billie Holiday

「What A Wonderful World」Louis Armstrong

 最後にいつも通り僕の曲を。ロシアがウクライナに侵攻した日に書いて、次の日に録音した曲です。僕はウクライナの人達のために何もできない。この曲を書くことに何の意味があるのかわからない。僕の歌はともかく偉大なプロテストソングが歌い継がれ、その歌の思いが人々の心を動かし続ければ、きっといつの日か私たちは戦争を始めるのをやめられる日が来るのではないか。歌が無意味になるかどうかは、歌のせいではなく、僕たちの責任だ。BandLabのアメリカ人の友達Savage Joe Wilsonがカバーしてくれたのでそちらもぜひ聞いてみてください。 

KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Can you be hugged with mam’s grace?  金子茶琳

Can you be hugged with mam’s grace?  Savage Joe Wilson

Can you be hugged with mam’s grace?  作詞作曲:金子茶琳

After midnight the rain turned to bombs
Pieces of the next door grandma are burning as yard lamp
After midnight the rain turned to bombs
Pieces of the next door dog are burning as yard lamp

Where is your mother?
Can you see her smiling face?
Where is your mother?
Can you be hugged with her grace?
Everybody is son and daughter of mam
Every mam must not cry over bombs

After long time we thought and learned,
Why can’t we understand what a baby can?
When did the powers lose their sanity?
When were the powers haunted by psychopaths?
When did the powers lose mom’s love and wisdom of past

あなたを母親は優しくハグしてくれますか?

夜更け過ぎに雨は爆弾へと変わった
隣のばあちゃんのかけらが庭のランプになって燃えている
夜更け過ぎに雨は爆弾へと変わった
隣の犬のかけらが庭のランプになって燃えている

あなたのお母さんはどこ?
彼女の笑顔が見えるかい?
あなたのお母さんはどこ?
あなたを彼女は優しくハグしてくれますか?
みんなお母さんの息子、娘
すべての母親は爆弾のために泣いてはいけない

長い時間をかけて、私たちは考え、学んだ結果、
なぜ赤ん坊でも理解できることが理解できないのか?
いつ権力者は正気を失ったのか?
いつ権力者はサイコパスに取り憑かれたのか?
いつ権力者は母親の愛と過去の知恵を失ったのか?

こちらもオススメ

音楽好きのつぶやきVol.9 Thelonious Monk - Jackie-ing

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.9 Thelonious Monk - Jackie-ing

Thelonious Monkの前にも後にもThelonious Monkの音は鳴らない。彼の音楽はJazzだとかBe-bopだとかではなくThelonious Monkだ。 たいていの巨人はたくさんのフォロワーを生み出す。だが、どことも陸続きでない、離れ小島のような巨人もいる。その音楽はものすごく多くの人を、そして、ミュージシャンを虜にするのに、それに続く人がいない。というか、続く方法がわからない、もしくは、続けることに意味が見いだせない、そんな感じなのだろうか。 Thelonious Monkはまさに ...

The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.5 The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

何も考えなくてもいい映画を見るのが好きだ。休日とか仕事を終えた夜とか。もちろん、コメディ映画で笑うのもいいが、アクション映画で興奮するのもよい。007は大好物だ。特に今のボンドのダニエル・クレイグさんのボンドは大好きだ。動きについていくのがやっとなくらいキッレキレで、頭の中が空っぽになっていく。ストーリーは心地よいくらいの複雑さ。 音楽にも同じような感覚がある。ロックンロールは3分以内と言ったのが誰だか知らないが、激しく同意する。というわけで、複雑なアートになっていっていたロックンロールの救世主だったこの ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

-音楽好きのつぶやき
-,