fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.12 Change Is Gonna Come - サム・クック

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

 人間はなぜこんなにも愚かなことをするのだろうか。僕ら一人一人には戦争を止める力なんてない。逃げ惑う老婆を、うずくまる子ども達に覆いかぶさる親を助けてあげることはできない。モニターに映し出される映像をみて憤りと悲しみを感じ、自分の無力さを呪う。   

 音楽には何ができるだろうか。

 戦争が起こる度に、人々が虐げられるたびに歌われるプロテストソングがある。今回はそんな歌を紹介したい。

 プロテストソングの前にウクライナの偉大なピアニストが人種差別を禁止する法律が可決される一方、ベトナム戦争が起こされようとしている1965年にコンサートに復帰したときのこの曲を。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/3pqgGDv

 軽いポップソングを歌うポップシンガーだと思われていたSam CookeがBob Dylanの“Blowin in the wind”にインスパイアされて書いたと言われる名曲。Samはこの曲を発表してすぐに殺されてしまった。もっともっとこんな感動的な曲をかいてくれただろうと思うが本当に残念だ。Sam Cookeがただのポップシンガーではなかったことは「あの夜、マイアミで」という映画を見るとよくわかります。映画としても面白いので、ぜひ見てみてください。

「A Change Is Gonna Come」サム・クック

 今回は変な文章を書くよりもたくさん曲を紹介したいと思います。何曲か続けて。

「Say It Loud – I’m Black And I’m Proud」ジェームス・ブラウン

「The Way It Is」Bruce Hornsby and The Range

「War」ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

「What's Going On」マーヴィン・ゲイ

「With God On Our Side」ネヴィル・ブラザーズ

「Ohio」クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング

 ネットを探せば歌詞は見つかると思うので、ぜひ歌詞も読んでみてください。 
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング「Ohio」はNeilが報道に衝撃を受けて曲をかいてから数週間で発売されたと言われている曲です。Neilはどうしてもその瞬間にこの曲を届けたかったのでしょう。 

 最後に2曲。プロテストソングの代表的な曲を。一つはアメリカ政府が歌うのをやめさせようするくらい人の心を揺さぶるBillie Holidayの曲、もう1曲はベトナム戦争の兵士への慰問でLouis Armstrongが歌った希望の曲を。

「Strange Fruit」ビリー・ホリデイ

「What A Wonderful World」ルイ・アームストロング

 最後にいつも通り僕の曲を。ロシアがウクライナに侵攻した日に書いて、次の日に録音した曲です。僕はウクライナの人達のために何もできない。この曲を書くことに何の意味があるのかわからない。僕の歌はともかく偉大なプロテストソングが歌い継がれ、その歌の思いが人々の心を動かし続ければ、きっといつの日か私たちは戦争を始めるのをやめられる日が来るのではないか。歌が無意味になるかどうかは、歌のせいではなく、僕たちの責任だ。BandLabのアメリカ人の友達Savage Joe Wilsonがカバーしてくれたのでそちらもぜひ聞いてみてください。 

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Can you be hugged with mam’s grace?  金子茶琳

Can you be hugged with mam’s grace?  Savage Joe Wilson

Can you be hugged with mam’s grace?  作詞作曲:金子茶琳

After midnight the rain turned to bombs
Pieces of the next door grandma are burning as yard lamp
After midnight the rain turned to bombs
Pieces of the next door dog are burning as yard lamp

Where is your mother?
Can you see her smiling face?
Where is your mother?
Can you be hugged with her grace?
Everybody is son and daughter of mam
Every mam must not cry over bombs

After long time we thought and learned,
Why can’t we understand what a baby can?
When did the powers lose their sanity?
When were the powers haunted by psychopaths?
When did the powers lose mom’s love and wisdom of past

あなたを母親は優しくハグしてくれますか?

夜更け過ぎに雨は爆弾へと変わった
隣のばあちゃんのかけらが庭のランプになって燃えている
夜更け過ぎに雨は爆弾へと変わった
隣の犬のかけらが庭のランプになって燃えている

あなたのお母さんはどこ?
彼女の笑顔が見えるかい?
あなたのお母さんはどこ?
あなたを彼女は優しくハグしてくれますか?
みんなお母さんの息子、娘
すべての母親は爆弾のために泣いてはいけない

長い時間をかけて、私たちは考え、学んだ結果、
なぜ赤ん坊でも理解できることが理解できないのか?
いつ権力者は正気を失ったのか?
いつ権力者はサイコパスに取り憑かれたのか?
いつ権力者は母親の愛と過去の知恵を失ったのか?

こちらもオススメ

Piano Man - ビリー・ジョエル

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.22  Piano Man - ビリー・ジョエル

 ビリー・ジョエルの1990年のニューヨーク・ヤンキー・スタジアムでのライブ映像(LIVE AT YANKEE STADIUM)を映画館で見た。最高。録音音源もいいけど、ライブがいい。ビリーは根っからのエンターテイナーだ。とにかく、来てくれた人を愉しませたい。バンド全体がそんな感じ。もちろん、曲がいい。ヒット曲のオンパレードなので悪いわけがない。もう何十度目かのビリーのマイ・ブームがやってきたので、今回はビリーの曲を紹介したいと思う。まずは、僕が中学生の頃、兄貴の部屋から借りてきたこのアルバムから。  こ ...

音楽好きのつぶやきVol.14 Bruce Springsteen - Born in the USA

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.14 Born in the USA - ブルース・スプリングスティーン

 ウクライナから逃れた子どもがお父さんはウクライナに残ったと言っているインタビューを見た。数週間前までテニスのトッププレイヤーだった人が今は戦っている。僕が普段曲をアップしているBandlabにもウクライナのミュージシャンがいる。ものすごくクールなロックをアップする若者だ。彼が先日Bandlabに兵服の写真をあげた。その後も曲をアップしているから無事なのだとは思う。ちょっと前まで曲を書いてアップしていたのに、彼は今、戦わなければいけないのだ。自分が明日、兵士になるなんてこと、想像もできない。僕が兵士になれ ...

音楽好きのつぶやきVol.21  Sitting In My Hotel - ザ・キンクス

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.21  Sitting In My Hotel - ザ・キンクス

 ザ・キンクスがRCA時代の名盤である『マスウェル・ヒルビリーズ』と『この世はすべてショー・ビジネス』の発売50周年を記念してリマスターやら未発表リミックス等いれこんだCDを発売したというニュースを聞いて、改めて、2枚を聞きなおしてみた。(結構、この2枚はよく聞くので、改めてっいうほどではないのだが)私はちょっとしたキンキーフリークなので、初期のとんがったキンクスもちょっとずつメインからずれていく頃のキンクスも後期のいなたいロックンロールをやってるキンクスも全部好きなのですが、やはり、この2枚は別格ですね ...

音楽好きのつぶやきVol.12 Sam Cooke - Change Is Gonna Come

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.12 Change Is Gonna Come - サム・クック

 人間はなぜこんなにも愚かなことをするのだろうか。僕ら一人一人には戦争を止める力なんてない。逃げ惑う老婆を、うずくまる子ども達に覆いかぶさる親を助けてあげることはできない。モニターに映し出される映像をみて憤りと悲しみを感じ、自分の無力さを呪う。     音楽には何ができるだろうか。  戦争が起こる度に、人々が虐げられるたびに歌われるプロテストソングがある。今回はそんな歌を紹介したい。  プロテストソングの前にウクライナの偉大なピアニストが人種差別を禁止する法律が可決される一方、ベトナム戦争が起こされようと ...

音楽好きのつぶやきVol.24  OBI - トゥーツ・シールマンス

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.24  OBI - トゥーツ・シールマンス

 桜だなあ、新緑だなあ、紫陽花だなあと思っていたら、気がついたら、何時からでもビールを飲まざる得ないそんな気温に包まれるようになってしまいました。暑いのは大好きなのですが、年を追うごとにしんどさが増して、でも、エアコンに浸っているとそれはそれで体調が崩すという悪循環に陥りそうなので、ビールを扇風機とこの音楽で我慢しようかと思います。まずは、どうしてか、この最初のテーマを聞いた瞬間から、背筋がピンと伸びて、暑さを忘れてしまうんですよね。なんでだろう。  アルバム全体を通して、シャキッとします。このアルバムハ ...

音楽好きのつぶやきVol.6 The Crystals - Rudolph the Red-Nosed Reindeer

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.6 Rudolph the Red-Nosed Reindeer - クリスタルズ

クリスマスにはクリスマスソングが必要だ。とろけるようなロマンチックなクリスマスソングがかかっていない車には恋人と乗るの粋じゃない。とびきりハッピーなクリスマスソングがかからないクリスマス・パーティーなんてクリスマスパーティーとは言えない。みんなが知ってるクリスマスソングがかかってるからクリスマスプレゼントを買いたくなる。クリスマスソングは実に実用的な音楽だ。クリスマスを彩るためだけに存在する。僕にとってクリスマスの時期はたいていこの“A Christmas Gift For You”をかけていれば事足りる ...

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-,