fbpx

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.13 Blowin’ in the wind - ボブ・ディラン

KANEKO Chalin
My Favorite CD

 心が張り裂けそうだ。いくら考えても子ども達が爆弾から逃げ回らなければならない理由が思い浮かばない。状況は悪くなるばかりだ。人間は愚かだ。そんなことはわかっている。でも、逃げ回る子ども達を見て何も感じない人がいることを僕は理解できない。絶対的に正しいことなんかないのだろうし、僕は僕の価値観に縛られてたくさんの誤ったことをするだろうけど、逃げ回る子ども達を見て心が痛むのは理屈でも価値観でもなく直感だ。「ロシアがウクライナを攻撃しているわけではない」と話す時、彼らの心は少しも痛まないのだろうか。

 音楽の話しをするコーナーなのであまりこんなことは書きたくない。だけど「No」と言い続ける以外に僕にできることはあまりないので、今回もプロテストソングを紹介したい。特に、反戦歌を。今回も文章を書くよりはたくさんの音楽を紹介したいと思う。

「Blowin‘ in the wind」ボブ・ディラン

「War」エドウィン・スター

「Love Train」オージェイズ

「Peace Train」キャット・スティーヴンス

「(What’s So Funny About) Peace, Love & Understanding」エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ

「What The World Needs Now Is Love」ジャッキー・デシャノン

「Give Peace a Chance」ジョン・レノン

「One Love / People Get Ready」ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

 世界中の人が怒りと悲しみを感じながら自分の無力さに途方に暮れていると思う。今回紹介した曲を書き、歌っているアーティスト達も歌によって何かが変わると合理的に考えているわけではなく、直感的に表現せずにはいられなかったのだと思う。無力かもしれないけれど、「No」と表現し続けることをあきらめてはいけない。

 最後に、僕の願いの歌です。とにかく、誰もに生きてほしいです。それだけです。

KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

I want you all to live  作詞作曲:金子茶琳

I want you all to live

Run away, it is not your defeat 
Oh, what’s a meaning about number of losses,  
No single life must be taken 
Oh, what’s a meaning about borders you'll cross 
Live 
Sunrise is gonna come 
A change is gonna come 

For lost soul mates who with you were living an ordinary life 
You run away and must survive 
Living is our hope and you are shining light 

I want you all to live 
Sisters or brothers 
Sons or daughters 
Let’s sing our hearts 

I want you all to live 
Sinners or powers 
Commanders or soldiers 
Let’s sing our hearts 
Let’s link us to future 
Let’s link us together 

Run away, it is not your defeat 
Oh, what’s a meaning about old ego of past,  
No future must be taken 
Oh, what’s more important than our respect and trust 
Live 
Sunrise is gonna come 
A change is gonna come 

For lost soul mates who with you were living an ordinary life 
You run away and must survive 
Living is our hope and you are shining light 

I want you all to live 
Sisters or brothers 
Sons or daughters 
Let’s sing our hearts 

I want you all to live 
Sinners or powers 
Commanders or soldiers 
Let’s sing our hearts 
Let’s link us to future 
Let’s link us together 

みんなに生きてほしい 

逃げてください それはあなたの敗北ではない 
犠牲者の数に何の意味があるのでしょう 
一人の命も奪われてはならない 
あなたが越える国境にどんな意味があるのでしょう 
生きてください 
日の出はやってくる 
変化は訪れる 

あなたと普通に生きてきた亡くなった仲間のために 
逃げてでも生き残らなくてはならない 
生きることは希望であり あなたは光り輝く存在です 

みんなに生きてほしい 
姉妹たちや兄弟たち 
息子たちや娘たち 
私たちの心を歌おう 

みんなに生きてほしい 
罪人たちや権力者たち 
指揮官たちや兵士たち 
私たちの心を歌おう 
私たちを未来へつなげよう 
私たちをつなげよう 

逃げてくだしさい それはあなたの敗北ではない 
過去の古い自我に何の意味があるのでしょう 
奪われていい未来なんかない 
尊敬と信頼より大切なものがあるでしょうか 
生きてください 
日の出はやってくる 
変化は訪れる 

あなたと普通に生きてきた亡くなった仲間のために 
逃げてでも生き残らなくてはならない 
生きることは希望であり あなたは光り輝く存在です 

みんなに生きてほしい 
姉妹たちや兄弟たち 
息子たちや娘たち 
私たちの心を歌おう 

みんなに生きてほしい 
罪人たちや権力者たち 
指揮官たちや兵士たち 
私たちの心を歌おう 
私たちを未来へつなげよう 
私たちをつなげよう 

こちらもオススメ

音楽好きのつぶやきVol.16 Salif Keita - MADAN

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.16 MADAN - サリフ・ケイタ

 今回は声に注目して曲を選曲したいと思う。ジャズも大好きなので声が入ってない音楽もよく聞くけれど、やっぱり「歌」が大好きだ。ジャズの中でも一番好きなのはトランペットなんだけど、それはやっぱり一番、人の声に近いからかなあと思う。声に注目してと言いながら、最初はまるで歌っているようなClifford Brownのトランペットから。  さて次からは人間の本当の声に注目します。この人のどこまで高く突き抜けていく声はやっぱり格別だ。歌を聞いていると、まるで彼の声の翼に乗って空高く舞い上がる。病気になってかつての輝き ...

The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.5 Fun, Fun, Fun - ザ・ビーチ・ボーイズ

何も考えなくてもいい映画を見るのが好きだ。休日とか仕事を終えた夜とか。もちろん、コメディ映画で笑うのもいいが、アクション映画で興奮するのもよい。007は大好物だ。特に今のボンドのダニエル・クレイグさんのボンドは大好きだ。動きについていくのがやっとなくらいキッレキレで、頭の中が空っぽになっていく。ストーリーは心地よいくらいの複雑さ。 音楽にも同じような感覚がある。ロックンロールは3分以内と言ったのが誰だか知らないが、激しく同意する。というわけで、複雑なアートになっていっていたロックンロールの救世主だったこの ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 Sunny Afternoon - キンクス

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやきVol.19  Joe Cuba - Bang Bang

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.19  Bang Bang - ジョー・キューバ

暑い!いや、熱い!基本、自転車移動なので、この時期は基本、高校球児かというくらい日焼けしているのだが、先日、昼間に自転車で移動した時、あまりの暑さに脳みそがとけそうになった。。。息を吸えど、吸えど、空気が入ってこない感じ。で、こんな時はもう涼しげな音楽を聞いてもダメだと思い、脳みそが溶ける音楽を頭に浮かべつづけたのです。今回はその時に思い浮かんだ曲を紹介します。 まずはこのバックビートに打たれるたびに、体中のねじがちょっとずつ緩んでいくような、まさに脳みそを溶かすこの曲から。  しかし、Don Drumm ...

音楽好きのつぶやきVol.12 Sam Cooke - Change Is Gonna Come

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.12 Change Is Gonna Come - サム・クック

 人間はなぜこんなにも愚かなことをするのだろうか。僕ら一人一人には戦争を止める力なんてない。逃げ惑う老婆を、うずくまる子ども達に覆いかぶさる親を助けてあげることはできない。モニターに映し出される映像をみて憤りと悲しみを感じ、自分の無力さを呪う。     音楽には何ができるだろうか。  戦争が起こる度に、人々が虐げられるたびに歌われるプロテストソングがある。今回はそんな歌を紹介したい。  プロテストソングの前にウクライナの偉大なピアニストが人種差別を禁止する法律が可決される一方、ベトナム戦争が起こされようと ...

音楽好きのつぶやきVol.20  追悼 ジョーイ・デフランチェスコ

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.20  追悼 ジョーイ・デフランチェスコ

ジョーイ・デフランチェスコが亡くなった。まだ51歳だ。若すぎる。(僕よりも若い。。。)ライブが聞けなかった。。。本当に聞きたかった。今回はジョーイ・デフランチェスコの追悼ということで、オルガンに注目して曲を紹介させてもらいます。 まずは、この曲から。 この曲、ジョーイも本当に大好きなんだろうなあ。ネットで探せばライブが見つかると思うので、ぜひ探し見てみたください。本当楽しそうに演奏しています。見ていると本当に元気をもらえます。オルガンって、どこかおもちゃみたいな感じがして、ジョーイのような大きな男が額に汗 ...

-音楽好きのつぶやき
-,