fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.6 Rudolph the Red-Nosed Reindeer - クリスタルズ

音楽好きのつぶやきVol.6 The Crystals - Rudolph the Red-Nosed Reindeer
KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

クリスマスにはクリスマスソングが必要だ。とろけるようなロマンチックなクリスマスソングがかかっていない車には恋人と乗るの粋じゃない。とびきりハッピーなクリスマスソングがかからないクリスマス・パーティーなんてクリスマスパーティーとは言えない。みんなが知ってるクリスマスソングがかかってるからクリスマスプレゼントを買いたくなる。クリスマスソングは実に実用的な音楽だ。クリスマスを彩るためだけに存在する。僕にとってクリスマスの時期はたいていこの“A Christmas Gift For You”をかけていれば事足りる。自分自身が音の中に塗りこめられてしまう、もしくは、空間がそのままクリスマスソングになってしまうような感覚。1曲1曲のイメージはほとんどなく、これはアルバムで繰り返し聞く音楽だと思う。が、とりあず、まさにフィル・スペクターというこの曲で。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/33qUlxp

ロマンチックなクリスマスを過ごしたいときに効果的なのは、この人だ。しかし、この声はマジックとしかいいようがない。自然に、何の気負いもなく、しゃべるように歌詞を一言一言のこさず丁寧に伝えてくれる。あらゆるイメージがメロディにとけこんでいく。若いころには良さがわからなかったが、いつからかよく聞くジャズボーカリストの一人になった。

「The Christmas Song」ナット・キング・コール

クリスマスソングじゃないけど、Nat "King" Cole の“After Midnight” はぜひ聞いてみてほしいです。ザ・ジャズがここにあります。

さて、では、クリスマスソングにクリスマスは必要だろうか。フィル・スペクターのクリスマスのアルバムをクリスマス以外に聞きたいかと言えば、うーん、聞きたくないというか、実際に聞いたことがない。クリスマスソングはやっぱりクリスマス限定だ。という意味で、クリスマスソングはクリスマスを必要としていると言える。(クリスマスなのに理屈っぽい)

ただこの曲だけは僕はクリスマス以外にもよく聞く。いや、クリスマスの時に実用的にこの曲をかけるシーンが思いつかない。クリスマスの時だからこそ世界平和について考えるというのは正しいんだろうけど、個人的にはクリスマスくらいいろんなことを忘れたい。でも、シンプルなのに心を揺さぶるこの曲はいい曲だなあ。

「Happy Xmas (War Is Over)」ジョン・レノン

さて、最後に、柄にもなく私がはじめてつくったクリスマスソングを紹介させてもらいます。ロマンチックな曲にしようと思ったのですが、少しジョンの魂がまざりこんでしまった感じで、でも結局、すべてを忘れてロマンチックに戻るというような曲です。よかったら使ってください!

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

The place even Santa can't reach  作詞作曲:金子茶琳

Shall we book a fancy restaurant?
Shall we gather friends for all night of fun?
We'll drink wine in a cabin in the trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

Shall we polish a stone down from a star?
Shall we fly a drone to search for reindeer?
We'll drink wine in a cabin in the trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

I wish all can be with someone to love
I wish all can pray for the loving ones
I wish all can have any hope in light of the next day sun
So, let's paint all country’s every battle plane white and red
So, let's put Santa hats on all country’s every powers’ head
So, let's lit a candle at all country’s every child’s bed

And let's make everything has gone
And stare at together all alone

Shall we go to a Presley dinner show?
Shall we watch the fireworks in the snow?
We'll drink wine in a cabin in trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

I wish all can be with someone to love
I wish all can pray for the loving ones
I wish all can have any hope in the light of the next day sun
So, let's paint all country’s every battle plane white and red
So, let's put Santa hats on all coutntry’s every powers’ head
So, let's lit a candle at all country’s every child’s bed

And let's make everything has gone
And stare at together all alone

こちらもオススメ

Piano Man - ビリー・ジョエル

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.22  Piano Man - ビリー・ジョエル

 ビリー・ジョエルの1990年のニューヨーク・ヤンキー・スタジアムでのライブ映像(LIVE AT YANKEE STADIUM)を映画館で見た。最高。録音音源もいいけど、ライブがいい。ビリーは根っからのエンターテイナーだ。とにかく、来てくれた人を愉しませたい。バンド全体がそんな感じ。もちろん、曲がいい。ヒット曲のオンパレードなので悪いわけがない。もう何十度目かのビリーのマイ・ブームがやってきたので、今回はビリーの曲を紹介したいと思う。まずは、僕が中学生の頃、兄貴の部屋から借りてきたこのアルバムから。  こ ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 Sunny Afternoon - キンクス

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやきVol.15 Van Morrison - And It Stoned Me

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.15 And It Stoned Me - ヴァン・モリソン

 音楽と深く関わる映画が最近よく上映される。音楽に関わる映画はやっぱり映画館で大ボリュームでじゃないと絶対にダメだ。スマホでベッドに入りながら見ても全く面白くない。今回はそんな映画館で聞くべき映画を紹介したい。  まずはこの感動的な映画を。音楽だけで鳥肌がたって、自然と涙が出てくることは滅多にないけど、映画館でこの歌に包まれた時、涙が溢れ出た。この歌声に説明はいらない。この世で一番感動的であると同時に、この世のものとは思えない。そんな歌声です。 Apple Muisc Amazon https://amz ...

音楽好きのつぶやきVol.10 Otis Redding - That’s how strong my love is

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.10 That’s how strong my love is - オーティス・レディング

ブラジル音楽に興味を持ったときくらいからか、膨大な音楽の海を前にして途方に暮れるようになった。現代の新しい音楽との出会いを探す暇がない。。。ただ年取っただけかもしれない。まあ、100年前の音楽でも初めて聴くときは自分にとっては新しい音楽だから、別に新曲を追い求める必要ないとも言える。村上春樹さんの「ノルウェーの森」に50年以上前に書かれた小説しか読まないという先輩が出てきた気がする。わからなくもないが、やっぱり新しい音楽との出会いは格別にワクワクするし、ピーター・バラカンさんのラジオは毎週聞いている。と、 ...

Paul Simon - Everything bout it is a love song

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.4 Everything about it is a love song - ポール・サイモン

私が好きな生きているミュージシャンは殆ど60歳以上だ。(殆どはこの世にいない。)若くにして亡くなったミュージシャンは若いままでかっこいいが、年を取ったミュージシャンはほぼみんなダンディになる。数年前、Bob Dylanのライブハウスツアーのコンサートに行った。ギターは一度も弾かず、マイクを持って、時々あまりうまいとは言えないキーボードを弾きながら歌っていたのにもびっくりしたが、もっとびっくりしたのは、新作だった「Tempest」からの曲がメインで、いわゆるよく知られた曲は殆どやらなかったこと。「俺の新作を ...

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.23  Little Peace in C for U - ミシェル・ペトルチアーニ&ステファン・グラッペリ

 春だ!と思って書き始めたのですが、忙しさにかまけて書きあがる前に梅雨に。。。ちょっと季節外れになっちゃったけど、駆け込みで、春に聞きたくなる音楽を紹介してみたいと思います! まずは音が鳴った瞬間にここでないどこかへ連れて行ってくれるこの人たちの曲から。  いやホントに一音目から、パリの屋外のカフェに連れていかれる感じがするのです。ステファン・グラッペリのヴァイオリンはもちろん秋に聞いてもいいものですが、やっぱり春のそよ風を屋外で感じている感じがします。ステファンの演奏を何曲か。  ミシェルのピアノにも僕 ...

An Usual Miracle - KANEKO Chalin

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-, ,