fbpx

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.6 The Crystals - Rudolph the Red-Nosed Reindeer

音楽好きのつぶやきVol.6 The Crystals - Rudolph the Red-Nosed Reindeer
KANEKO Chalin
My Favorite CD

クリスマスにはクリスマスソングが必要だ。とろけるようなロマンチックなクリスマスソングがかかっていない車には恋人と乗るの粋じゃない。とびきりハッピーなクリスマスソングがかからないクリスマス・パーティーなんてクリスマスパーティーとは言えない。みんなが知ってるクリスマスソングがかかってるからクリスマスプレゼントを買いたくなる。クリスマスソングは実に実用的な音楽だ。クリスマスを彩るためだけに存在する。僕にとってクリスマスの時期はたいていこの“A Christmas Gift For You”をかけていれば事足りる。自分自身が音の中に塗りこめられてしまう、もしくは、空間がそのままクリスマスソングになってしまうような感覚。1曲1曲のイメージはほとんどなく、これはアルバムで繰り返し聞く音楽だと思う。が、とりあず、まさにフィル・スペクターというこの曲で。

Apple Muisc

Amazon

https://amzn.to/33qUlxp

ロマンチックなクリスマスを過ごしたいときに効果的なのは、この人だ。しかし、この声はマジックとしかいいようがない。自然に、何の気負いもなく、しゃべるように歌詞を一言一言のこさず丁寧に伝えてくれる。あらゆるイメージがメロディにとけこんでいく。若いころには良さがわからなかったが、いつからかよく聞くジャズボーカリストの一人になった。

「The Christmas Song」Nat "King" Cole

クリスマスソングじゃないけど、Nat "King" Cole の“After Midnight” はぜひ聞いてみてほしいです。ザ・ジャズがここにあります。

さて、では、クリスマスソングにクリスマスは必要だろうか。フィル・スペクターのクリスマスのアルバムをクリスマス以外に聞きたいかと言えば、うーん、聞きたくないというか、実際に聞いたことがない。クリスマスソングはやっぱりクリスマス限定だ。という意味で、クリスマスソングはクリスマスを必要としていると言える。(クリスマスなのに理屈っぽい)

ただこの曲だけは僕はクリスマス以外にもよく聞く。いや、クリスマスの時に実用的にこの曲をかけるシーンが思いつかない。クリスマスの時だからこそ世界平和について考えるというのは正しいんだろうけど、個人的にはクリスマスくらいいろんなことを忘れたい。でも、シンプルなのに心を揺さぶるこの曲はいい曲だなあ。

「Happy Xmas (War Is Over)」John Lennon

さて、最後に、柄にもなく私がはじめてつくったクリスマスソングを紹介させてもらいます。ロマンチックな曲にしようと思ったのですが、少しジョンの魂がまざりこんでしまった感じで、でも結局、すべてを忘れてロマンチックに戻るというような曲です。よかったら使ってください!

KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

The place even Santa can't reach  作詞作曲:金子茶琳

Shall we book a fancy restaurant?
Shall we gather friends for all night of fun?
We'll drink wine in a cabin in the trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

Shall we polish a stone down from a star?
Shall we fly a drone to search for reindeer?
We'll drink wine in a cabin in the trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

I wish all can be with someone to love
I wish all can pray for the loving ones
I wish all can have any hope in light of the next day sun
So, let's paint all country’s every battle plane white and red
So, let's put Santa hats on all country’s every powers’ head
So, let's lit a candle at all country’s every child’s bed

And let's make everything has gone
And stare at together all alone

Shall we go to a Presley dinner show?
Shall we watch the fireworks in the snow?
We'll drink wine in a cabin in trees
We'll make love in the place even Santa can't reach

I wish all can be with someone to love
I wish all can pray for the loving ones
I wish all can have any hope in the light of the next day sun
So, let's paint all country’s every battle plane white and red
So, let's put Santa hats on all coutntry’s every powers’ head
So, let's lit a candle at all country’s every child’s bed

And let's make everything has gone
And stare at together all alone

こちらもオススメ

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.7 Bob Marley - Africa Unite

何かと不安の多い、不穏な時代が訪れる予感が渦巻いている。気候変動、民主主義の危機、資本主義による息苦しさ、どんどん長くなる人生、どんどん肥大化する夢。私たちは大きな問題に直面しているようだ。そんな時に音楽はどんな意味が持てるのだろうか。振り返ってみれば、僕もたくさん不安と対峙してきた。その度にいろんな曲が僕を前に向かせてくれた。年の終わりにそんな曲を今回は紹介したい。 まずはBob Marleyだ。Bobの声はいつだって愛に満ちている。怒りから溢れでた曲を歌っているときにも声には愛が満ち満ちて、にじみでて ...

The Band - Tears of Rage

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.8 The Band - Tears of Rage

伝説と呼ばれるようなバンドにいた人がバンドから解放された時に生み出す曲が僕は結構好きだ。何か新しいことをやらなきゃ、前作と同じことをやっちゃダメだ。そんな強迫観念は呪いとなってその人をむしばみ、やがて、その人の中から染み出てくるような音楽ではなく、何かたくらみのような上っ面だけの音楽しか出てこなくなる。そんな呪いが解けたとき、ただやりたい音楽ができる魂の喜びや心のほぐれが自然と声や曲を豊かにする。今日はそんな曲を紹介したい。 まずは、Genesisから解放されたPeter Gabrielのこの曲を。 Ap ...

The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.5 The Beach Boys - Fun, Fun, Fun

何も考えなくてもいい映画を見るのが好きだ。休日とか仕事を終えた夜とか。もちろん、コメディ映画で笑うのもいいが、アクション映画で興奮するのもよい。007は大好物だ。特に今のボンドのダニエル・クレイグさんのボンドは大好きだ。動きについていくのがやっとなくらいキッレキレで、頭の中が空っぽになっていく。ストーリーは心地よいくらいの複雑さ。 音楽にも同じような感覚がある。ロックンロールは3分以内と言ったのが誰だか知らないが、激しく同意する。というわけで、複雑なアートになっていっていたロックンロールの救世主だったこの ...

-音楽好きのつぶやき
-, ,