fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.14 Born in the USA - ブルース・スプリングスティーン

音楽好きのつぶやきVol.14 Bruce Springsteen - Born in the USA
KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

 ウクライナから逃れた子どもがお父さんはウクライナに残ったと言っているインタビューを見た。数週間前までテニスのトッププレイヤーだった人が今は戦っている。僕が普段曲をアップしているBandlabにもウクライナのミュージシャンがいる。ものすごくクールなロックをアップする若者だ。彼が先日Bandlabに兵服の写真をあげた。その後も曲をアップしているから無事なのだとは思う。ちょっと前まで曲を書いてアップしていたのに、彼は今、戦わなければいけないのだ。自分が明日、兵士になるなんてこと、想像もできない。僕が兵士になれるかなんて言うまでもない、無理だ。仕事をして、映画を見て、ビールを飲んで、音楽を聞きながら眠りにつく。そんな日常がある日突然消えてなくなる。そんなことが今、本当に起きている。この文章を書いているこの瞬間未だ戦争は終わりそうもない。この文章がネットになる頃には少なくとも停戦合意が実現していることを心から祈っている。

 今回は、兵士に関わる歌を紹介したいと思う。まずは、戦争によって切り裂かれた映画の主題歌を、小野リサさんのバージョンで。

「Les Parapluies de Cherbourg」小野リサ

 もう1曲、兵士の歌ではないけれど、引き裂かれた人たちの歌をもう1曲。学生の頃、カラオケでもよく歌ったが、この歌の本当の意味を全く理解せずにただ盛り上がっていたのが恥ずかしい。普通の別れ歌だと言われても、まあそのまま納得する。でもこの歌はちゃんと読み込めば戦争の歌だ。何かをそのまま表現するわけではなく、いろいろな解釈ができるよに表現しているこの歌詞は素晴らしい。夏川りみさんの歌声で。彼女の歌は本当に心に染み入る。本当に戦争を終わらせられるんじゃないかさえ思う。PEACE。

「島唄」夏川りみ

 戦場そのものを歌ったポップソングを僕はこの曲しか知らない。もっと他にもあるのだろうけど。Billy Joelは中学生の僕にとってはものすごく洗練されたクールなアーチストだった。でもNylon Curtainはそれまでと違ってヘビーだった。特にこの歌は一番ヘビーだった。

They ruled the night, and the night seemed to last as long as six weeks on Parris Island

 中学生だった僕にはSix weeksという響きとこのセンテンスはものすごく衝撃だった。オフィシャルビデオも強烈だった。ぜひ見てみてください。

「Goodnight Saigon」ビリー・ジョエル

 アフリカから連れてこられてアメリカのために戦ったBuffalo Soldierはどこかプーチンが言っている中東の志願兵とダブるところがある。この歌は戦争のことだけを歌っているわけではないと思うが。

「Buffalo soldier」ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

 次はボブ・ディランの歌を。この歌は戦争の歌ではないが、奴らのゲームの歩兵でしかないたくさんの兵士たちが今日も命を落としている。

「Only a Pawn in Their Game」ボブ・ディラン

 最後に2曲。ベトナム戦争から帰ってきた兵士たちの生活を歌った歌を。Sam StoneはJohn Prineの曲で、彼のバージョンも素晴らしいが、今回はソウルフルなAl Kooperのバージョンを。

「Sam Stone」アル・クーパー

 最後はBruceの代表曲を。レーガン元大統領がアメリカ万歳ソングだと思って選挙戦の時使ったのはほんとうに笑い話だ。ジャケットの写真は国旗に向かって立っているBruceの後ろ姿だが、国旗に向かって小便をかけているんだとしたり顔で言っている人もいた。が、多分、Bruceはアメリカを愛しているのだと思う。アメリカを愛して戦争に行った若者たちと共感しているんだと思う。

 中学生の頃にこの曲を聴いて以来は、僕にはこの問いがずっとつきまとっている。国っていったい何なのだろうか。

「Born in the USA」ブルース・スプリングスティーン

 最後にいつも通り、私の曲を。冒頭に書いたウクライナから逃れた子どもがお父さんはウクライナに残ったと言っているインタビューからインスピレーションを受けてかいた曲です。 

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Only you  作詞作曲:金子茶琳

Only you

I love you 
Even if you won't be here for me tonight. 
I love you 
Even if tomorrow morning you will be on the flight 
If I close my eyes, baby your smile come 
Oh my sweetheart, I can still feel your lips and tongue 
I hum  

I love you 
Even if I'm only one left and with no sound breathe 
I love you 
Even if I'm sleeping with gun in the freeze 
If I close my eyes, baby your smile come 
Oh my sweetheart, I can still feel your lips and tongue 
I hum  
I love you 
Only you 

I love you 
Even if you are breast-feeding our dear son at a distance 
I love you 
Even if they kicked out with laughing my resistance 
If I close my eyes, baby your smile come 
Oh my sweetheart, I can still feel your lips and tongue 
I hum  


I love you 
Even if you cannot find one of my bones 
I love you 
I will never let them drop on you only just one bomb  
If I close my eyes, baby your smile come 
Oh my sweetheart, I can still feel your lips and tongue 
I hum  
I love you 
Only you 

I love you 
I will never let them drop on you only just one bomb 

愛しています 

愛しています
たとえ今夜あなたがここにいられなくても
愛しています
たとえ明日の朝、あなたが飛行機に乗っていても
目を閉じればあなたの笑顔が浮かぶ
ああ、愛しい人よ、あなたの唇と舌をまだ感じることができる
僕は口ずさむ

愛しています
たとえ僕がたった一人残って、音もなく息をしていても
愛しています
たとえ僕が凍えながら銃を持って寝ていても
目を閉じればあなたの笑顔が浮かぶ
ああ、愛しい人よ、あなたの唇と舌をまだ感じることができる
僕は口ずさむ
愛してる
あなただけ

愛しています
たとえ遠くで愛しい息子に授乳していても
愛しています
たとえやつらが僕の抵抗を笑って蹴飛ばしてしまっても
目を閉じればあなたの笑顔が浮かぶ
ああ、愛しい人よ、あなたの唇と舌をまだ感じることができる
僕は口ずさむ

愛しています
たとえ、あなたが僕の骨の一つも見つけられなくても
愛しています
ただ一つの爆弾も君の上には絶対に落とさせない
目を閉じればあなたの笑顔が浮かぶ
ああ、愛しい人よ、あなたの唇と舌をまだ感じることができる
僕は口ずさむ
愛してる
あなただけ

愛しています
ただ一つの爆弾も君の上には絶対に落とさせない

こちらもオススメ

音楽好きのつぶやきVol.16 Salif Keita - MADAN

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.16 MADAN - サリフ・ケイタ

 今回は声に注目して曲を選曲したいと思う。ジャズも大好きなので声が入ってない音楽もよく聞くけれど、やっぱり「歌」が大好きだ。ジャズの中でも一番好きなのはトランペットなんだけど、それはやっぱり一番、人の声に近いからかなあと思う。声に注目してと言いながら、最初はまるで歌っているようなClifford Brownのトランペットから。  さて次からは人間の本当の声に注目します。この人のどこまで高く突き抜けていく声はやっぱり格別だ。歌を聞いていると、まるで彼の声の翼に乗って空高く舞い上がる。病気になってかつての輝き ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 Sunny Afternoon - キンクス

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやきVol.20  追悼 ジョーイ・デフランチェスコ

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.20  追悼 ジョーイ・デフランチェスコ

ジョーイ・デフランチェスコが亡くなった。まだ51歳だ。若すぎる。(僕よりも若い。。。)ライブが聞けなかった。。。本当に聞きたかった。今回はジョーイ・デフランチェスコの追悼ということで、オルガンに注目して曲を紹介させてもらいます。 まずは、この曲から。 この曲、ジョーイも本当に大好きなんだろうなあ。ネットで探せばライブが見つかると思うので、ぜひ探し見てみたください。本当楽しそうに演奏しています。見ていると本当に元気をもらえます。オルガンって、どこかおもちゃみたいな感じがして、ジョーイのような大きな男が額に汗 ...

音楽好きのつぶやきVol.6 The Crystals - Rudolph the Red-Nosed Reindeer

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.6 Rudolph the Red-Nosed Reindeer - クリスタルズ

クリスマスにはクリスマスソングが必要だ。とろけるようなロマンチックなクリスマスソングがかかっていない車には恋人と乗るの粋じゃない。とびきりハッピーなクリスマスソングがかからないクリスマス・パーティーなんてクリスマスパーティーとは言えない。みんなが知ってるクリスマスソングがかかってるからクリスマスプレゼントを買いたくなる。クリスマスソングは実に実用的な音楽だ。クリスマスを彩るためだけに存在する。僕にとってクリスマスの時期はたいていこの“A Christmas Gift For You”をかけていれば事足りる ...

音楽好きのつぶやきVol.21  Sitting In My Hotel - ザ・キンクス

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.21  Sitting In My Hotel - ザ・キンクス

 ザ・キンクスがRCA時代の名盤である『マスウェル・ヒルビリーズ』と『この世はすべてショー・ビジネス』の発売50周年を記念してリマスターやら未発表リミックス等いれこんだCDを発売したというニュースを聞いて、改めて、2枚を聞きなおしてみた。(結構、この2枚はよく聞くので、改めてっいうほどではないのだが)私はちょっとしたキンキーフリークなので、初期のとんがったキンクスもちょっとずつメインからずれていく頃のキンクスも後期のいなたいロックンロールをやってるキンクスも全部好きなのですが、やはり、この2枚は別格ですね ...

音楽好きのつぶやきVol.12 Sam Cooke - Change Is Gonna Come

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.12 Change Is Gonna Come - サム・クック

 人間はなぜこんなにも愚かなことをするのだろうか。僕ら一人一人には戦争を止める力なんてない。逃げ惑う老婆を、うずくまる子ども達に覆いかぶさる親を助けてあげることはできない。モニターに映し出される映像をみて憤りと悲しみを感じ、自分の無力さを呪う。     音楽には何ができるだろうか。  戦争が起こる度に、人々が虐げられるたびに歌われるプロテストソングがある。今回はそんな歌を紹介したい。  プロテストソングの前にウクライナの偉大なピアニストが人種差別を禁止する法律が可決される一方、ベトナム戦争が起こされようと ...

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-,