fbpx

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.2 すべての人の心に花を - 喜納昌吉&チャンプルーズ

すべての人の心に花を
KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
My Favorite CD

大学生の頃、一人で沖縄を旅したことがある。小浜島という小さな島に2週間くらい滞在した。大きなリゾートホテルがある島なのだが、まあ、大学生男子の一人旅で泊まるわけもなく、小さな民宿に泊まっていた。1日目の晩ごはんを食べ終わると、宿の若い主人が「もう少し食堂にいられる?」とニコニコ顔で言ってきた。まあすることもないのでぼーっとしていると、次から次へと右手に三線、左手に泡盛を持ったおっちゃん、おばちゃんが集まってくる。始まったのは、そう、いつ終わるともしれぬ呑めよ、歌えよだ。なれない泡盛のせいなのか、音楽のせいなのか、完全にこの世でないどこかに連れていかれた。翌日、「あれは夢か現か幻か?」と、二日酔いの頭で考えてはみたが、2日目からもずっと毎晩欠かさず、この世でないどこかに連れていかれた。ほんとに衝撃的な出来事だった。音楽が丸ごと生活に埋めこまれている。かなりマニアックな音楽好きを自任していたが、いやごめんなさい、これこそ本当のNo music, no lifeだ。
今回紹介する僕の曲には「酔っぱらった人達が、3弦のギターで歌い踊る」という詞が出てくる。この詞はこの体験から生まれたものだ。もう30年近くたつが、この晩は私の音楽づくりの原風景だ。生きることと一体化しちゃって、そこから零れ落ちてくるような音楽。いつもそんな曲を書きたいと思っている。
この「この世のものではない夜」によく皆さんがやっていたという気がおぼろげながらするこの曲を今日は最初に紹介したい。

Apple Music

Amazon
https://amzn.to/3kqtvLS

さて沖縄音楽に魅せられたロックンローラーと言えば、ライ・クーダー。喜納昌吉&チャンプルーズの「BLOOD LINE」に参加して「花」で素晴らしいギターを聞かせている。「花」にはたくさんのバージョンがあるが、私はこの喜納友子さんが歌い、ライがギターを弾いているこのバージョンが一番好きだ。

沖縄音楽に魅せられたと言えば、忘れちゃいけないのが細野晴臣さん。ニューオリンズと沖縄をチャンプルーしちゃったこの「泰安洋行」は名盤。リズムが近いのかなあ。すごいしっくりくるんです、この取り合わせは。

「Roochoo Gumbo」細野晴臣

さあ、沖縄からニューオリンズへ!本家「Gumbo」もお楽しみ下さい。

「IKO IKO」ドクター・ジョン

ということで、最後に私の曲を。不思議な歌詞だけど、自分としては「とてもよくかけました!」とハンコを押してあげたい感じの詞なので、詞も楽しんでください。きれいに韻が踏めました!

KANEKO Chalin
KANEKO Chalin
KANEKOの本日の一曲

Waiting for the sunrise  作詞作曲:金子茶琳

The road by the sea, no gas in tank
To the sound of wave we went down
There was nothing but sands
Far away ship lights were swaying in my hands

Smaller fire and few more beer
I can feel you near
There is nothing but love
One by one stars are fading above

We are waiting for the sun rise
We are hearing the breath of sky
We are feeling the heat from far away
We are here and we are there
We are past and we are future
Everything is linked to forever

The road with no sign, no gas in tank
To the sound of songs we went down
There were people in drunk
With three strings guitars they sang and danced

I am awake, snoring from everywhere
from your eyes little tears
There is nothing but love
One by one stars are fading above

We are waiting for the sun rise
We are hearing the breath of sky
We are feeling the heat from far away
We are here and we are there
We are past and we are future
Everything is linked to forever

こちらもオススメ

Weezer - Island In The Sun

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.1 Island In The Sun - ウィーザー

EmAmDG、シンプルなコードのシンプルな繰り返し。このコードで今までたくさんの曲がかかれてきたのは胸がしめつけられるような郷愁を誰もが覚えるからか。音楽は不思議だ。純粋に音だけで心が動く。このコードで書かれた曲の中で僕が最初に思いつくのはこの曲。Weezerには胸がしめつけられるような曲が多いけどこの曲は極めつけ。ギターのイントロだけで景色から色が失われていく気がする。 Apple Music Amazonhttps://amzn.to/2YDtWKg 最後に紹介する僕の曲のサビの部分で“Swingin ...

The Band - Tears of Rage

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.8 Tears of Rage - ザ・バンド

伝説と呼ばれるようなバンドにいた人がバンドから解放された時に生み出す曲が僕は結構好きだ。何か新しいことをやらなきゃ、前作と同じことをやっちゃダメだ。そんな強迫観念は呪いとなってその人をむしばみ、やがて、その人の中から染み出てくるような音楽ではなく、何かたくらみのような上っ面だけの音楽しか出てこなくなる。そんな呪いが解けたとき、ただやりたい音楽ができる魂の喜びや心のほぐれが自然と声や曲を豊かにする。今日はそんな曲を紹介したい。 まずは、Genesisから解放されたPeter Gabrielのこの曲を。 Ap ...

音楽好きのつぶやきVol.11 The Kinks - Sunny Afternoon

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.11 Sunny Afternoon - キンクス

オルタナティブということではないんだけど、その時代のメインの音とパラレルにちょっとずれている音楽のほうが時代のど真ん中の音楽より好きだったりする。多分、僕が天邪鬼だからだ。今回は3大〇〇から漏れちゃってるけど、「俺的には1番」という音楽を紹介したい。 3大UKロックバンド(The Beatles, The Rolling Stones, The Who)    ビートルズマニアやストーンズファン、フーの信望者には結構出会うが、キンクスフリークに会うことは滅多にない。でも、僕はThe Kinksが大好きだ。 ...

音楽好きのつぶやきVol.19  Joe Cuba - Bang Bang

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.19  Bang Bang - ジョー・キューバ

暑い!いや、熱い!基本、自転車移動なので、この時期は基本、高校球児かというくらい日焼けしているのだが、先日、昼間に自転車で移動した時、あまりの暑さに脳みそがとけそうになった。。。息を吸えど、吸えど、空気が入ってこない感じ。で、こんな時はもう涼しげな音楽を聞いてもダメだと思い、脳みそが溶ける音楽を頭に浮かべつづけたのです。今回はその時に思い浮かんだ曲を紹介します。 まずはこのバックビートに打たれるたびに、体中のねじがちょっとずつ緩んでいくような、まさに脳みそを溶かすこの曲から。  しかし、Don Drumm ...

音楽好きのつぶやきVol.14 Bruce Springsteen - Born in the USA

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.14 Born in the USA - ブルース・スプリングスティーン

 ウクライナから逃れた子どもがお父さんはウクライナに残ったと言っているインタビューを見た。数週間前までテニスのトッププレイヤーだった人が今は戦っている。僕が普段曲をアップしているBandlabにもウクライナのミュージシャンがいる。ものすごくクールなロックをアップする若者だ。彼が先日Bandlabに兵服の写真をあげた。その後も曲をアップしているから無事なのだとは思う。ちょっと前まで曲を書いてアップしていたのに、彼は今、戦わなければいけないのだ。自分が明日、兵士になるなんてこと、想像もできない。僕が兵士になれ ...

Piano Man - ビリー・ジョエル

KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき

音楽好きのつぶやきVol.22  Piano Man - ビリー・ジョエル

 ビリー・ジョエルの1990年のニューヨーク・ヤンキー・スタジアムでのライブ映像(LIVE AT YANKEE STADIUM)を映画館で見た。最高。録音音源もいいけど、ライブがいい。ビリーは根っからのエンターテイナーだ。とにかく、来てくれた人を愉しませたい。バンド全体がそんな感じ。もちろん、曲がいい。ヒット曲のオンパレードなので悪いわけがない。もう何十度目かのビリーのマイ・ブームがやってきたので、今回はビリーの曲を紹介したいと思う。まずは、僕が中学生の頃、兄貴の部屋から借りてきたこのアルバムから。  こ ...

An Usual Miracle - KANEKO Chalin

広告

-KANEKO Chalin 音楽好きのつぶやき
-,